Appleコンソールを連携させることにより、以下のことが可能になります

  1. 実際のダウンロード数や収益を競合他社と比較

  2. アプリのコンバージョン率を国別で測定

  3. 実行したASO対策がインプレッションやプロダクトページ閲覧数に与えた影響を分析

  4. 売上やアプリ内課金、有料ユーザー等を分析してアプリの収益状況を把握

  5. AppTweakツールから直接レビューに返信(※管理者、アカウントホルダー、カスタマーサポート担当者のみ)

👉 App Store Connectとの連携がまだお済みでない方はこちらから

1. 実際のダウンロード数や収益を競合他社と比較

App Store ConnectのアカウントとAppTweakを接続すると、「ストアパフォーマンス」ページの「アナリティクス」から実際のダウンロード数を確認することができます。

ダウンロード数は、2つの表示オプション「クロスコンペティション」または「ソース」から選択してご覧いただけます。

早速、「クロスコンペティション」から見ていきましょう。

こちらの画面では、まず以下3つの重要なKPIが確認できます。

  1. 合計ダウンロード数: 選択した期間の範囲におけるアプリの合計ダウンロード数

  2. 1日平均ダウンロード数: アプリの1日あたりの平均ダウンロード数。なお、この値は選択した期間により計算されます。

  3. ダウンロード成長率: ダウンロード数の前期比を示す。 (例えば、「8月」を選択した場合、前月である「7月」と比較した成長率が表示される)

続いて、これらKPIの下にある「ダウンロード履歴」グラフからは、ダウンロード数の推移が確認できます。自社アプリの実際のダウンロード数と追加した競合アプリの推定ダウンロード数の変動が比較できます。

また、グラフ下のサマリー表を見ることにより、選択した日付範囲において、どのアプリが最も成長し、どのアプリが遅れをとっているかを簡単に把握することができます。

サマリー表の「正確度」とは?

当ツールでは、より多くのデータを取得することにより、ある国のあるカテゴリにおける推定データの正確性が高まります。

  • 高 (緑) – 指定されたカテゴリー/国/ランキング項目について、多くのデータポイントを取得しているため、ダウンロード数や収益の推定値はとても正確である。

  • 中 (黄) – 指定されたカテゴリー/国/ランキング項目について、かなりのデータポイントを取得しているため、ダウンロード数や収益の推定値はある程度正確であると思われる。

  • 低 (赤) – 指定されたカテゴリー/国/ランキング項目について、多くのデータポイントを取得していないため、ダウンロード数や収益はあくまでも推定に過ぎない。アプリをおおまかに比較する際に使用するのが適切である。

ソース別に見るダウンロード数

どのチャンネルが最もアプリのダウンロードを促進しているかを把握したい場合は、「ソース」オプションに切り替えることができます。

「ソース」オプションに切り替えると、競合アプリのデータは非表示になり、ダウンロード元ごとにアプリのダウンロード数を確認できます。App Storeのトラフィックは、以下5つのカテゴリに分類されます:

  • App Storeの検索: App Store内での検索 (Apple Search Ads含む)

  • App Storeの閲覧: ランキングやストーリー、特集や関連アプリなどストア内のナビゲーション

  • 参照元App: 別のアプリからの流入

  • 参照元Web: ウェブからの流入

  • Unavailable: トラフィックソース不明

💡通常、ユーザーはアプリをダウンロードする目的でストア検索を行うため、App Storeの検索によるトラフィックが最も高くなります。それに対して、App Storeの閲覧によるトラフィックは比較的低いものの、「Today」タブでアプリが特集されると一気に多くのダウンロードを獲得する場合があります。

👉「全世界」ビューでグローバルパフォーマンスを把握しましょう!(英文)


2. アプリのコンバージョン率を国別で測定

「アナリティクス」のこちらのセクションでは、アプリのコンバージョン率をインプレッションからダウンロード、インプレッションからページ閲覧、そしてページ閲覧からダウンロードで見ることができます。

特定の国におけるインプレッションからダウンロードのコンバージョン率を確認するには、「ダウンロード数」を選択した上で国を追加し、で「インプレッション数と比較する」を選択してください。

コンバージョン率は、以下のように定義されます。

  • インプレッションからダウンロード: App Storeでアプリを見たユーザーのうち、iOS 8以降のデバイスで実際にアプリをダウンロードしたユーザーの割合。

  • インプレッションからページ閲覧: App Storeでアプリを見たユーザーのうち、iOS 8以降のデバイスでアプリのプロダクトページを閲覧したユーザーの割合。

  • ページ閲覧からダウンロード: iOS 8以降のデバイスでアプリのプロダクトページを閲覧したユーザーのうち、実際にアプリをダウンロードしたユーザーの割合。

上記で紹介した通り、iOSでは3つのコンバージョン率があり、当ツールのコンバージョン分析セクションでは3つとも分析可能です。

コンバージョン分析は、それぞれ更に3つのセクションに分かれています。

  1. フィルター

  2. 総合KPI

  3. コンバージョン率履歴グラフ

フィルター

フィルターを使用してアプリ全体のコンバージョン率を分析するか、ソース別に分析するかを選択できます。

総合KPI

KPIを確認することで、指定された国および選択された日付範囲におけるアプリのパフォーマンスを把握することができます。

  1. 最高コンバージョン: 指定された期間におけるアプリの最高コンバージョン率

  2. 最低コンバージョン:指定された期間におけるアプリの最低コンバージョン率

  3. 平均コンバージョン:指定された期間におけるアプリの平均コンバージョン率

  4. コンバージョン成長率:指定された期間におけるアプリの平均コンバージョン率の前期比

💡これらのKPIを定期的にチェックすることで、アプリのパフォーマンスが通常より好調か不調かを迅速に把握することができます。最大値と最小値は、アプリのコンバージョン率がどの程度変動しているかを測定し、異常に高い値や低い値を特定するのに役立ちます。

コンバージョン履歴グラフ

コンバージョン率履歴グラフは、選択した日付範囲におけるアプリのコンバージョン率の進捗を日単位または週単位で表示します。ここで、アプリのコンバージョン率に異常なピークや落ち込みがあることを確認できます。

アプリのコンバージョン率をソース別に比較

フィルターで「ソース」を選択すると、アプリのコンバージョン率を4つのソースごとに確認できます。

  • App Store検索トラフィックによるコンバージョン率:「App Storeの検索からアプリを見つけた、または初めてダウンロードしたユーザー。iOS 8またはtvOS 9以降を搭載したデバイスを基準とする。App Storeの検索のSearch Adsを含む。」

  • App Store閲覧トラフィックによるコンバージョン率:「App Storeの閲覧からアプリを見たり、または初めてダウンロードしたユーザー(特集、カテゴリ、トップチャートなど)。iOS 8またはtvOS 9以降を搭載したデバイスを基準とする。」

  • 参照元Appによるコンバージョン率:「アプリ内のリンクをタップして、App Storeのプロダクトページに移動したユーザー。iOS 8またはtvOS 9以降を搭載したデバイスを基準とする。StoreKit APIを使用してプロダクトページを読み込むアプリを含む。Safariを除く、メッセージなどのApple製アプリも含む。参照元Appの一覧は、App AnalyticsのTop App Referrersを参照。」

  • 参照元Webによるコンバージョン率:「ウェブサイト上のリンクをタップして、App Storeのプロダクトページに移動したユーザー。iOS 8またはtvOS 9以降を搭載したデバイスを基準とする。Safariでのリダイレクトの連鎖がApp Storeのプロダクトページにつながる場合、参照元ウェブサイトは連鎖の最後のURLになります。参照元ウェブサイトの一覧は、App AnalyticsのTop Web Referrersを参照。」

❗️iOSアプリの場合、ChromeなどSafari以外のブラウザのウェブサイトからの移行は、参照元Appにそのウェブブラウザのアプリとして認識されます。macOSアプリの場合、Safari以外のブラウザからの移行は、参照元Webとして認識されます。

3. インプレッション数やページ閲覧数を見る

ユーザーのトラフィック全体を分析するために、アプリのインプレッション数やページ閲覧数を分析することも可能です。

ソース別のビューを使用すると、アプリをダウンロードする前のユーザーの行動も理解できます。どのソースが多くアプリ閲覧数を獲得し(インプレッション数)、どのソースが多くのプロダクトページ閲覧を獲得しているか(ページ閲覧数)を特定することができるようになります。



4. 売上やアプリ内課金、有料ユーザー等を分析してアプリの収益状況を把握

このセクションでは、自社アプリの収益、アプリ内課金、課金ユーザーを直接AppTweakの「アナリティクス」タブで追跡することができます。

「ストアパフォーマンス」で競合他社のダウンロード推定値を自社アプリのダウンロード数を比較できるように、「財務分析」では、自社アプリの実際の収益とAppTweakが提供する競合他社の収益推定値を掛け合わせることができます。

「収益」とは?

App Storeアプリの収益として使用する指標は「セールス」で、Appleは次のように定義しています。「アプリ、アプリバンドル、アプリ内課金を購入するためにユーザーに請求された金額の合計。税金は、App Storeの価格に含まれていた場合のみ売上に含まれます。」

「クロスコンペティション」ビューにおける実際のデータ vs 推定データ

「セールス」は競合アプリの売上高推定値を計算するためにも使用されており、自社のデータと推定値の比較が非常に簡単になります。

👉推定収益についての詳細はこちらから(英文)

競合他社の収益にアクセスするには、「収益」タブで、選択した国の収益を見ていること、「クロス・コンペティション」ビューを選択していることを確認してください。

どのアプリが実際のデータで、どのアプリが推定値なのかを知るには、右の凡例を参考にしてください。

トラフィックソース別の詳細な指標を調べる

収益以外にも、アプリ内課金や課金ユーザーの数などの指標もApp Store Connectアカウントから取得しています。

Appleはこれらの指標を以下のように定義しています。

  • アプリ内課金:「macOS 10.14.1、iOS 8またはtvOS 9以降を搭載したデバイスでのアプリ内課金数です。紹介価格のサブスクリプションとサブスクリプションの更新は、この指標に含まれます。復元されたアプリ内課金は、同一デバイス、別デバイスを問わず、カウントされません。」

  • 課金ユーザー:「Apple IDに基づいた、アプリまたはアプリ内課金で支払いを行ったユニークユーザー数。」

これらの指標と収益の両方について、フィルターを使用してトラフィックソース別に確認することができます。

ソース別のデータがあれば、有料ユーザーがどこから来ているのかをよりよく理解することができます。これにより、最も利用されているチャンネルを最適化しつつ、他のチャンネルがそれほどトラフィックを獲得できていない原因を追求することができます。

データが「アナリティクス」タブに表示されない場合

AppTweakで統合データを見ることができない理由はいくつかあります。

  • 統合を開始してからAppTweakがデータを完全に取得し、ツールに表示するために、最大24 - 48時間かかる場合があります。コンソールを統合して間もない場合は、24時間以内に再度ご確認ください。

  • 各ユーザーは、個別のダッシュボードを持っています。したがって、同僚の方がコンソールを統合した場合、そのユーザーのダッシュボードにのみ表示されます。各ユーザーは個別にDeveloper Consoleを統合する必要があります。

  • Appleから提供される認証コードの有効期限は30日間です。したがって、30日ごとにアカウントを再認証する必要があります。アカウントの再認証を行うには、マイプロフィール > 統合を開き、有効期限が切れた統合コンソールの横に表示されている「再認証」リンクをクリックしてください。

5. AppTweakツールから直接レビューに返信(※管理者、アカウントホルダー、カスタマーサポート担当者のみ)

アプリのレビューに返信できるようにするには、同じ統合を実行する必要がありますが、この機能は、Appleの制限により管理者、アカウントホルダー、カスタマーサポート担当者のみ利用可能です。この統合に使用するメールアドレスがこの3つのポジションのいずれかに該当しない場合、許可が得られません。唯一の解決策は、Apple Consoleで直接、管理者ユーザーにアカウント設定の変更をしてもらうことです。

完了後、統合したアプリの(レビューまたはモバイル表示セクションにある)レビュー・評価セクションに移行すると、すべての未回答のレビューに「レビューに返信する」ボタンが表示されます。

クリックすると、自由に返信ができるようになります。

送信後、実際に返信が表示されるまで少し時間がかかるため(最大24時間)、すぐに反映されていなくてもご安心ください。返信の公開状況は、AppTweak上で確認でき、未完了の場合は「保留中」、完了した場合は「投稿済み」と表示されます。

変更や更新が必要な場合、すでに投稿された返信でも編集/削除することが可能です。

❗️ストア上ではもう公開されていないレビューでも、AppTweakツール上では表示されることをご了承ください(アプリに対するフィードバックを見逃さないため)。但し、これらのレビューに回答することはできません。

次のステップ

Did this answer your question?