はじめに

AppTweakのAPIは、100カ国以上のApple App Store・Google Play Storeへのアクセスを可能にします。当社のAPIを活用することで、モバイルアプリデータをご希望の方法で視覚化できるほか、カスタムレポートの構築やプロセスの自動化、AppTweakデータを自社製品に統合することができます。

主な機能の概要については、以下の動画からご覧いただけます。(英語)

利用可能なデータ

分析に利用できるデータは以下の通りです。

APIの使用を開始する方法

AppTweak Public APIを使用するためには、認証および課金目的で使用されるAPIトークンを取得する必要があります。このトークンは、Pro、Guru、Power、またはEnterpriseプランでAppTweakアカウントを契約すると、自動的に付与されます。一度サブスクライブすると、AppTweakの「API」セクションからAPIダッシュボードがご覧いただけるようになり、APIトークンとドミュメンテーションへのリンクが確認できます。

API Dashboard within AppTweak

AppTweak上のAPIダッシュボード

APIダッシュボード

有効なASOサブスクリプションに加入すると、APIメニューにアクセスできるようになります。このページのAPIダッシュボードでは、APIリクエストを開始し、使用状況を追跡するために必要な以下の情報を確認いただけます。

  1. ユーザー固有のAPIトークン

  2. 月間クレジット残高

  3. ドキュメンテーションへのリンク

  4. 過去のリクエストの確認やCSV形式でのデータエクスポートが可能なリクエスト表

ドキュメンテーション

AppTweakドキュメンテーションは、リクエストを実行するために必要なすべての情報を収集します。(データが取得可能な国やカテゴリー、価格メカニズム、APIエンドポイントの詳細など)

当社のドキュメンテーションでは、3ステップで、APIエンドポイントページから簡単にリクエストを実行することができます。

  1. ヘッダーにAPIトークンを入力 (APIダッシュボードからドキュメンテーションをクリックした場合は自動的に行われます)

  2. クエリパラメータを入力して、リクエストを作成

  3. 「Try it!」をクリックし、リクエストを実行
    ⚠️ リクエストの実行はクレジットが課金されるのでご注意ください!

課金されずに回答形式のイメージを確認したい場合は、iOSやAndroidの例(※)をクリックしてご覧いただけます。

25,000クレジットの利用について

AppTweak ASO Proプラン以上からは、毎月25,000のAPIクレジットが付与されます。そのAPIクレジットの活用方法をいくつかご紹介します。

  • アプリ12個分の月間パフォーマンスのトラッキング (ダウンロード数、アプリパワー、評価)

  • 150種類以上のキーワードを対象に、月間キーワードボリューム分析を実施

  • 150種類以上のキーワードで、アプリの月間キーワードランキングを追跡

次のステップ

Did this answer your question?